閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「孫文の義士団」(2009)

画像

【DVD発売中】

72点72
アクション俳優ドニー・イェンや『花の生涯 〜梅蘭芳〈メイランファン〉〜』のレオン・ライ、『PROMISE』のニコラス・ツェーら香港の人気俳優が顔を揃えた歴史劇。20世紀初頭の中国を舞台に、近代化を影で支えた戦士たちのドラマがダイナミックに展開。『アクシデンタル・スパイ』のテディ・チャン監督が、知られざる英雄たちの物語を熱気とともに活写。

あらすじ

1906年イギリス領香港。10月15日に一人の男が来航するという極秘情報が流れる。彼の名は“孫文”。腐敗した清朝打倒を掲げる革命家である彼の目的は、武装蜂起のための同志との密談。その情報を聞きつけた北京・紫禁城では西太后の指令によりシャオグオ(フー・ジュン)らが招集。総勢500人の暗殺団による孫文の暗殺計画が進められる。10月11日。新聞社社長で中国同盟会の香港支部長・シャオバイ(レオン・カーファイ)は、革命を支持する大物実業家・ユータン(ワン・シュエチー)に資金援助を要請。朝廷を追われた元将軍・ファン(サイモン・ヤム)にも協力を求める。そんなシャオバイを香港警察の警官・チョンヤン(ドニー・イェン)が追っていた。長年連れ添ったユエル(ファン・ビンビン)と別れた彼は、シャオグオにスパイとして雇われていた。10月12日。車夫・アスー(ニコラス・ツェー)が引く人力車に乗るユータンは、街中で革命の支援活動を行う息子・チョングアン(ワン・ボーチェ)の姿を発見する。そんな中、ファンと仲間たちが暗殺団に襲われ、ファンの一人娘・ホン(クリス・リー)だけが生き残る。シャオバイも捕えられ、九龍城砦に監禁される。10月13日。孫文の訪問を宣伝し、学生たちを扇動したとの理由から香港警察のシー警部(エリック・ツァン)は新聞社の閉鎖命令を下す。一方、ユータンは行方不明のシャオバイに代わり孫文を守り抜くことを決意。義士団結成のため、路上生活者のリウ(レオン・ライ)、少林寺出身の大男(メンケ・バータル)らに声をかけ、自ら義士団入りを志願したアスーと写真店の娘・チュン(チョウ・ユン)の仲人を引き受ける。10月14日。夫の身の危険を感じたユエルは、娘の未来のためにユータンを守ってほしいとチョンヤンの元を訪れる。一方、脱走に成功したシャオバイは、同志たちに孫文の影武者を使うことを提案。くじ引きによって影武者に選ばれたのはチョングアンだった。そして運命の日が訪れる……。 【キネマ旬報データベースより】
原題 十月圍城
製作年 2009年
製作国 中国=香港
配給 ギャガ
ヘッド館 シネマスクエアとうきゅう
上映時間 139
公開日 2011年4月16日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する