閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「巌流島前夜」(1959)

80点80

あらすじ

宮本武蔵は一条寺下り松で吉岡一門と決闘し、そのまま鳥羽へ旅立った。喜んだのは藩主・内藤忠則だ。しかし、同家の指南役・黒城玄蕃は複雑な気持だった。武蔵を指南役に召しかかえるとすれば、自分はどうなるかと思うからだ。玄蕃には香代という娘があった。香代は松坂まで琴を求めに行っての帰途、武蔵と知り合い家に連れて帰った。翌日、武蔵は玄蕃に連れられ忠則に対面した。玄蕃の門弟たちと試合をし、師範代までも負かした。忠則は玄蕃との試合を命じた。が、武蔵はこれを断わった。玄蕃の人柄にひかれるものがあったからだ。玄蕃はせめて相討ちにでもと、それから連日激しい稽古をかさねた。玄蕃の妻の滝江や、香代が武蔵の許をおとずれ、試合をやめてほしいと頼んだ。武蔵は鳥羽を去った。が、忠則は金で武蔵を追い払ったとの噂を聞き、玄蕃に切腹を命じた。これを知った武蔵は引返し、玄蕃を救った。−−七年後、小倉では同藩指南役・佐々木小次郎と武蔵が対決すると大騒ぎをしていた。玄蕃がやって来、武蔵を励ました。彼は小次郎の燕返しの剣法をさぐるため小次郎と剣をまじえた。が、燕返しは鋭く、小次郎の剣は玄蕃の胴へ。かつぎこまれた玄蕃は、苦しい息の下から、燕返しに勝つ方法は唯一つ、飛び上れと武蔵に教えた。かくして、小次郎との試合は武蔵に凱歌が上った。すでにその頃、玄蕃は死んでいた。数日後、旅姿の武蔵はすがる香代に「玄蕃殿を殺したのはこのわしだ、武蔵、生涯妻は娶りませぬ」と言い、立ち去った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 75
チケット 前売りチケットを購入する