閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「着信アリFinal」(2006)

画像

【DVD発売中】

51点51
“死の着メロ“の恐怖を描くホラー・シリーズ第3弾。修学旅行で韓国を訪れた高校生たちが、呪いから逃れるために仲間割れを起こすという壮絶な物語だ。黒木メイサ&堀北真希の美少女ふたりが、明と暗の対照的なヒロインを演じている。

あらすじ

安城高校2年C組は修学旅行で韓国に行く。その一人・えみり(黒木メイサ)は、手話交流会で知り合った男友達アンジヌ(ジャン・グンソク)に会えるのを楽しみにしていた。そんな旅行の最中、あるクラスメートの携帯に奇怪なメールが届く。そこにはそのクラスメートの未来の死の姿が写っていたのだ。やがてその予告どおり謎の死をとげるクラスメート。しかも犠牲者は次々に増えていった。死の着メロに怯え、パニックに陥っていく一同。この恐ろしい死を逃れる方法はひとつだけあった。メールを誰かに転送すると、転送された相手が自分の代わりに死ぬというのだ。生徒たちは自分だけは生き残ろうと醜い本能を剥き出しにしていく。そんな中、えみりはこの出来事が、旅行には来ていないクラスメートの明日香(堀北真希)の呪いのせいではないかと思い始める。明日香は、いじめが原因で自殺未遂を起こしており昏睡状態にあるはずだった。しかし、えみりが電話をすると何故か明日香が出る。彼女は自室でパソコンを通して皆に復讐を行っていたのだ。驚愕するえみり。元々いじめられていたのはえみりであり、明日香はそれを助けたことからいじめられるようになったという過去があった。明日香を助けず見て見ぬフリをしたえみりは罪の意識に捉われていた。アンジヌは、明日香の凶行を止められるのはえみりしかいないと言う。えみりの必死の願いが、現実には昏睡状態にある明日香に届く。目覚めた明日香は、自分の邪悪な部分が殺人を繰り広げていることに驚く。一方でえみりたちは人々に協力を要請し、パソコンからメールを大量に送ることで邪念を爆発させることに成功した。しかし、既に最後の死の予告はえみりに送られていた。えみりはそれを誰にも転送しないことで全てを終わりにしようとするがアンジヌが自らえみりの身代わりとなって絶命した。悲しみで心身を壊してしまうえみり。しかし、その傍らには今や正常に戻った明日香が優しく寄り添っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 東宝=「着信アリFinal」製作委員会
ヘッド館 有楽座ほかにて全国公開
上映時間 105
公開日 2006年6月24日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する