閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「モンガに散る」(2010)

画像

【DVD発売中】

76点76
今年、台湾で記録的なヒットを飛ばした青春活劇。80年代を舞台に、チンピラの一員となった高校生たちが直面する、血で血を洗う壮絶な抗争劇の一部始終を追いかける。強い絆で結ばれた5人の少年の友情、親世代たちの苛烈な争い。それらがミックスされ、エモーショナルな映像が連続する。監督は『ビバ!監督人生!!』のニウ・チェンザー。

あらすじ

1986年。台北一の繁華街モンガは商業地区として繁栄していたが、その裏では多くの極道組織が縄張り争いを繰り広げ、抗争の絶えない街であった。そんなある日、モンガに引っ越してきた高校生のモスキート(マーク・チャオ)は、転校初日に些細なことからクラスの不良グループに因縁をつけられる。放課後、モスキートは待ち伏せしていた不良グループに追いかけられるが、その様子を偶然、校内勢力を仕切っているドラゴン(リディアン・ヴォーン)が目撃、たった一人で不良グループに対峙するモスキートを気に入ったドラゴンは、彼を仲間に迎え入れる。ドラゴンは、モンガでいちばんの権力を握る極道組織の親分の一人息子であった。そんな極道の世界に戸惑いつつも、モスキートは生まれて初めて出来た友達とモンガの街で喧嘩に明け暮れる。幼い頃から一目置かれるドラゴンと、彼の幼馴染で頭の切れる影のリーダー、モンク(イーサン・ルアン)、お調子者のアペイ、腕っ節の強い白ザル、そしてモスキートの5人はいつしか義兄弟の契りを交わし、固い絆で結ばれていった。そんな中、街の利権を狙う新たな勢力がモンガに乗り込んでくる。それをきっかけに、激しい抗争と陰謀に巻き込まれたモスキートたち5人は、それぞれの想いを抱えながら、モンガの街を守ろうと戦いを続けるが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 台湾
配給 ブロードメディア・スタジオ
ヘッド館 シネマスクエアとうきゅう
上映時間 141
公開日 2010年12月18日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する