閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「君へのメロディー」(2010)

画像

【DVD発売中】

0点--
大親友の初恋を応援し続けてきた青年トキヤ。彼が記憶喪失の女性と出会い恋心を抱くのだが……。ふたりの男子の恋と友情を絡めて展開する切ないラブ・ストーリー。主演はミュージカル“テニスの王子様(テニミュ)“で一躍人気者となった佐藤永典。同じ“テニミュ“出身の佐々木喜英、ヒロインの岡本玲による爽やかな演技のアンサンブルに注目を。

あらすじ

木下トキヤ(佐藤永典)は病院を訪れ、窓から外を見ていた記憶喪失の女の子・紺野ユウ(岡本玲)と出会う。ユウのことが気になったトキヤは、彼女を街へ連れ出す。しかし、車から流れてきた音楽を聴いたユウは、涙を流して動けなくなる。トキヤの高校時代からの親友・シュン(佐々木喜英)は、高校時代に一目ぼれした彼女を想い続けていた。その話をずっと聞いてきたトキヤは、シュンの想いを後押しする。数日後、トキヤはユウに会うため、病院を訪れる。しかし彼女は、すでに退院していた。ユウが、記憶の障害を持つ人たちがリハビリを兼ねながら働く施設に移ったと聞かされたトキヤは、その施設に行く。しかしユウは、トキヤを素っ気なく追い返そうとする。それでも諦めないトキヤを見た施設のオーナー・瀬良(小木茂光)はトキヤに声を掛け、施設の手伝いをするよう告げる。トキヤは施設の仲間の桐谷(渋江譲二)、長谷川(落合恭子)、瀬良の妻(霧島レイカ)らと共同生活を営みながら、ユウとの距離を縮めていく。トキヤとシュン、それぞれの恋の行方は……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 日本出版販売
ヘッド館 池袋テアトルダイヤ
上映時間 98
公開日 2010年10月9日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する