閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「三太と千代の山」(1952)

0点--

あらすじ

相模湖を見はらす静かな村で、今日も三太たちは太陽のように明るい。仙爺さんの病気を心配した三太は、化物が爺さんにとりついたのではあるまいかと心配していたが、その化物のようにでっかい男を生捕ろうと落し穴に落した。落された巨人は化物でも何でもなく、巡業して近くの町へ来ていた横綱千代ノ山だった。宿へ詫びに行った三太たちはたちまちこの横綱と仲よしになり、釣好きの彼を、仙爺さんの釣場へ案内し、相撲場へ招待された。夏休みに、お嫁に行った筈の花荻先生がひょっこり村へ姿を見せた。三太は花荻先生に頼まれカッパ淵にもぐって落したという結婚指環をさがしてあげたが見つからないで、三太が岩に足をはさまれ怪我をしてしまった。やがて秋になり、千代ノ山から相撲の招待券を送って来たが、三太は足が治らないので行けなかった。三太は切符を花荻先生に送ってあげた。三太がラジオで千代ノ山の優勝をきいていたとき又花荻先生がひょっこり訪ねて来て、「指環は家で見つかったのよ、ごめんなさい」といった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1952年
製作国 日本
上映時間 46
チケット 前売りチケットを購入する