閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「妖精フローレンス」(1985)

0点--

あらすじ

マイケルは音楽学院に通う学生。ある日彼は、いつも花を可愛がっているお礼にとベゴニアの花の妖精フローレンスに、花の妖精の国に案内されることになった。マイケルは自分の体がどんどん小さくなっていくのを感じた。彼の右手には、オールマイティの力を持つセンパの捧が握られていた。いたずら妖精ムジカの仕業でフローレンスと離れ離れになったマイケルは、ムジカランドに着陸してしまう。ムジカはセンパの榛を狙っていたのだ。マイケルの健闘も空しく、センパの棒はムジカの手に。センパの棒を手に入れたムジカはハシャギ過ぎ、ムジカランドはその影響で大火事になり、氷河期が来る。ムジカ自身も氷に閉じ込められてしまった。ムジカを助け、センパの捧を返してもらったマイケルは、フローレンスの待つ花の国へ向かった。再会した二人は深い愛に結ばれた。やがて花の季節の終りがやって来た。突然巨大なイラ草が現われた。イラ草は轟音と共に裂け、無数の昆虫が飛び出し編隊を組んで妖精たちを襲う。花の兵士たちと虫たちの凄絶な戦いが展開され、花の兵士たちの勝利に終る。そこに最強の悪魔ムランダが登場。マイケルはフローレンスを助けるためにセンパの棒をふりかざし、ムランダの唯一の弱点である大きな口の中へ突撃した。命を的にして花の国とフローレンスを救ったマイケルは、元の人間の大きさになって、音楽学院の温室の中にほうり出された。そしてフローレンスが現われ、彼の目にキスをした。マイケルに抱かれたフローレンスの体は、なぜかだんだんと透明になっていく。フローレンスは、「太陽が出ると私の体は朝露となってしまう。でもあなたに抱かれて幸せ、私の体は消えても愛はあなたの中にあるわ」と消えていった。音楽学院オーケストラ発表会の日。コンサートホール満員の観客の前で、マイケルはオーボエコンチェルトを演奏した。そして心の中に呼びかけた。「フローレンス、僕やったよ、きみと一緒に」と。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1985年
製作国 日本
上映時間 90
チケット 前売りチケットを購入する