閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ライトノベルの楽しい書き方」(2010)

画像

【DVD発売中】

100点100
とあるきっかけで人気ライトノベル作家・姫宮美桜がクラスメイトの流鏑馬剣だと知ってしまった与八雲は、スランプで筆が進まないという彼女に協力することに。新作のラブコメ執筆のため、八雲と剣は期間限定で彼氏彼女として恋愛シミュレーションをするが、いつの間にか恋のライバルが出現! 本田透による同名ライトノベルを映画化した青春物語。

あらすじ

海洋生物にしか興味のない冴えない男子高校生、与八雲(佐藤永典)は、出版社に勤める従姉、心夏(能登有沙)の手伝いで、人気ライトノベル作家、姫宮美桜の家に原稿を取りにいく。だが、そこに現れたのは、クラスメイトの学園最強美少女、流鏑馬剣(須藤茉麻)。しかも剣は目下大スランプ中で、新作の学園ラブコメの執筆が全く進んでいなかった。実際に恋をしたことがないから書けない、というのがその原因。そこで、心夏は八雲に「姫宮美桜の彼氏になりなさい。経験値を稼ぐための特訓修行、一ヶ月」と命令を下す。剣に疑似恋愛体験をさせて、小説を書かせようというのだ。仕方なしに始まったふたりの恋愛シミュレーションだったが、そこに学園最萌え美少女、市古ゆうな(竹達彩奈)が参戦。果たして3人の恋の行方は……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 アートポート
ヘッド館 池袋テアトルダイヤ
上映時間 80
公開日 2010年12月4日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する