閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「愛しながらの別れ」(1965)

0点--

あらすじ

森本勝太は、動きながら大学受験を目指す少年であった。渋谷のバー・ジトムのバーテンをしながら、参考書に読みふける勝太を、バーのマダム秋子は誘惑して少年と不倫な一夜を過した。秋子は新興やくざ新生会の会長若山の情婦であった。泥沼に足をとられてはならない、勝太はそのバーを出ると、アパートを変え、友人の紹介で高田家具店の店員となった。勝太が根岸光枝に会ったのは、このアパートに移ってからであった。光枝は、病床にふしている祖母カネ、情痴に狂った継母の政江、ぐれて家によりつかない利夫に妹達の複雑な家庭であった。家事一切のめんどうをみて、女中のように働く光枝に、勝太は同情し愛情を抱いていった。そして勝太も、自分が鹿児島から上京し、夜間の大学に行きたいと思っていること、そして継母に育てられたことを話した。光枝は日毎に明るく、楽しそうであった。そんな光枝をカネは幸福がめぐってきたのだと喜こんだ。だが利夫は、新生会の愚連隊に入っている勝太との交際は、やめた方がいいと忠告した。光枝に諭されて勝太は、どんな小さな店でもよいから独立したいと夢を語った。数日後、光枝は、政江と口論の末、勝太のもとに走った。勝太はジトムの女給藤江のアパートに光枝をかくまったが、光枝は自分のいない家を心配して帰った。しかし、政江はそんな光枝に怒り、階段からつき落した。足首を骨折して病院で手術を受ける光枝を、勝太は絶対離すまいと誓った。手術も終り、落着いた光枝が勝太との生活を夢みていた頃、独立するため、金策にジトムに出かけた勝太は、新生会のやくざにからまれ、あやまって刺殺した。殺人犯として送られる勝太の脳裏を光枝のやさしい顔がよぎった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
上映時間 80
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する