閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「番頭はんと丁稚どん」(1960)

0点--
もとは花登筐原作による同名の連続TV番組で、その丁稚・崑松を演じた大村崑のトンチンカンな様とトボけた感じが茶の間を沸かせた。脇を固めるのは芦屋3兄弟、浪花千栄子、森川信、若水ヤエコなどの喜劇陣が中心になっている。物語は大阪道修町の薬種問屋“七ふく堂“を舞台に、田舎から丁稚奉公に出て来た少々頭の弱い少年・崑松が、七ふく堂の娘との色恋沙汰に巻き込まれ、ドタバタを展開するというもの。その娘を別府まで追いかけていった崑松が折から公開中の「番頭はんと丁稚どん」の舞台へ上がり、その娘の名を呼ぶという楽屋落ちなども用意されている。このシリーズ第1作のみ酒井欣也が演出を担当している。

あらすじ

崑太は少々頭は足りたいが、親思い、兄弟思いの心根のやさしい少年だ。田舎の家を出て、大阪道修町の薬種問屋七ふく堂へ丁稚奉公に行くことになった。崑太は早速丁稚係りの小番頭雁七に預けられ、名も崑松と改めた。旦那はんの次女かな子が学校を卒業して帰ってきた。遊びに余念がない彼女の様子を心配した隠居は、大学出の小番頭清七をかな子の監視役につけた。かな子は前垂れ姿でつきまとう清七を嫌い、「雁七が好きや」と心にもないことを言った。かねてから彼女に惚れていた雁七は有頂天、崑松にラブレターを托した。一方、雁七に思いを寄せていた女中のお花も雁七宛の恋文を崑松に托した。また、隠居がかな子の見合いの日を決める岩田老人宛の手紙を崑松に渡した。一度に三通の手紙を渡された脳の弱い崑松は相手をめちゃめちゃに運んでしまった。その上、旦那が妹のふみえに店の五千円をごまかして渡した濡れ衣を着せられた。母親に送るつもりで数えていた貯金がちょうど五千円だったからだ。かな子の見合いの日、今では清七を好きになっていた彼女はお供の崑松に口止めして別府にある伯母の旅館へ行ってしまった。叱りとばされた崑松は別府へかな子の後を追って行った。折柄公開中の“番頭はんと丁稚どん”の舞台へ飛びこみ、泣きながら、「こいさん、七ふく堂のこいさーんッ」と呼んだ。これを見ていたかな子は慌てて駈けつけた。清七が好きなことを告げると、隠居も許した。すべての誤解がとけ、七ふく堂には春がきた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 89
チケット 前売りチケットを購入する