閉じるボタン

「忍びの卍」(1968)

95点95

あらすじ

徳川三代将軍家光は、三十歳を過ぎても一向に子宝に恵まれず、その上、相手をする女の下半身が金色のうろこに変っていくという事件がつづいて起って、すっかり女性不感症にかかってしまった。この事件を忍びの業と睨んだ柳生但馬守は、かつて柳生門下の剣客といわれた浪人刀馬を雇い、事件の解決にあたらせた。刀馬はまず、伊賀、甲賀、根来の各組から選出した男女十数人の忍者で、大奥警護にあたらせた。ある日刀馬は配下の根来忍者右陣の怪しい動きに目をとめ、あとをつけたが、女忍者陽炎のくノ一の術に捕われてしまった。陽炎は豊臣秀吉に領地を奪われた大名の娘で、お家再興のため南蛮忍法を学んで卍一族を結成し、家光の弟で将軍の座を狙う駿河大納言忠長と結託、家光の世嗣を絶やそうとしていたのである。しかし、陽炎は刀馬に一目惚れしてしまい、その油断をついた刀馬は逃げ出すことができた。ある日、家光が湯治に向ったという情報に陽炎は湯女に化けて家光に近づいた。陽炎はくノ一忍法で家光を腹上死させようという作戦だった。しかし、家光の危機を前もって知った刀馬が、家光に変装して陽炎を待っていたのだった。お家再興のためにすべてをかけていた陽炎だったが、一度恋した刀馬には術も効力を失ってしまい、自から刀馬に斬られてしまった。こうして、忠長は敗北をさとって切腹し、事件は解決した。だが役目を果した刀馬は、仕官の勧めを断り、大奥一の美女といわれ、陽炎とそっくりの顔をしたお園を拝領すると、城下を離れて行った。将軍家光は健康体に回復し、七年のちに、第一子が誕生、生涯に五男一女をもうけたという。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
上映時間 89
チケット 前売りチケットを購入する