閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「恐怖のカービン銃」(1954)

0点--

あらすじ

大津、丸山、山本、高田の四人は、保安庁技術研究所経理課長佐多氏夫妻を誘拐し、カービン銃をつきつけて研究所の金庫を開けさせ、小切手二百万円その他を奪う。然し佐多夫妻は脱出し、四人は仲間割れをして、高田、丸山、山本は次々に捕われる。大津は巧みに行方をくらましたが、郷里大分の山中にある淋しい温泉場に情婦みさおと潜伏しているところを捕われ、東京に護送された。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
チケット 前売りチケットを購入する