閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ジェニファーズ・ボディ」(2009)

画像

【DVD発売中】

54点54
『トランスフォーマー』シリーズの人気女優ミーガン・フォックスがエロチックな魅力をふりまく学園ホラー。ある怪事件に巻き込まれ、より美しく狂暴に変貌した女子高生が引き起こす血まみれの惨劇を映し出す。『JUNO/ジュノ』のディアブロ・コディがオリジナル脚本を手がけるなど、スタッフ&キャストのガールズ・パワーが炸裂する1本だ。

あらすじ

アメリカ中西部の田舎町、デヴィルズ・ケトルの高校に通う2人の少女、学校一の美女で自信家のジェニファー・チェック(ミーガン・フォックス)と内気で地味なアニータ・“ニーディ”・レスニキ(アマンダ・セイフライド)は幼馴染だった。ニーディはいつもわがままなジェニファーの言いなりだったが、チップ(ジョニー・シモンズ)という彼氏もいて、それなりに満たされた高校生活を送っていた。ある夜、ジェニファーとニーディは、インディ・バンド“ローショルダー”のライヴを観に、地元のバーに出かける。会場に着くと、ジェニファーはお目当てのイケメンボーカル、ニコライ(アダム・ブロディ)にアプローチを始める。そんなジェニファーに呆れたニーディは態度を改めるようジェニファーを説得するが、軽くあしらわれる。ローショルダーのパフォーマンス中、バーで火事が起こる。2人は何とか脱出するが、ジェニファーはショックで放心状態に陥る。同じく難を逃れたニコライがジェニファーを巧妙に誘い、バンドの車に乗せて行ってしまう。ニーディは慌てて家に帰り、チップに助けを求める。そのころ車中では、男たちに乱暴されるのではないかと不安にさいなまれたジェニファーが、必死に抵抗していた。しかしニコライたちの目的は、それ以上のものだった。バーの火災以降、この町で、若い男の子が無残な死体となって発見される凄絶な事件が相次ぐようになる。それには、日に日に美しさに磨きがかかるジェニファーの秘密が関係していることを、ニーディは知っていた。そしてその魔の手がチップにも伸びていることに気づいたニーディは、町の人々を救うために立ち上がる。 【キネマ旬報データベースより】
原題 JENNIFER'S BODY
製作年 2009年
製作国
配給 ショウゲート
ヘッド館 TOHOシネマズ スカラ座・みゆき座
上映時間 102
公開日 2010年7月30日(金)公開
映倫 PG12
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する