閉じるボタン

「君に届け」(2010)

画像

【DVD発売中】

71点71
『別冊マーガレット』に連載中の椎名軽穂による人気マンガを実写化。初めて人を好きになる気持ちを丹念に描写したラブ・ストーリーで、単行本では売り上げ数が1000万部を突破している話題作だ。主演に多部未華子と三浦春馬という実力派ふたりを迎え、原作のイメージを忠実に再現。監督は『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人が務めた。

あらすじ

高校1年生の黒沼爽子(多部未華子)は、見た目が暗く何もしていないのに周りから怖れられ、“貞子”というあだ名まで付けられている。しかし、その見た目とは裏腹に、実はとても健気で善意のかたまりのような女の子であった。ただ、周囲のことを第一に考えすぎるため、自分のことをうまく伝えることが出来ず、“貞子”としてクラスからは浮いた存在だった。一方、爽子のクラスメイト風早翔太(三浦春馬)は、明るく誰に対しても分け隔てなく接する男の子。爽子に対しても皆と同じように明るくフレンドリーに接してくれるので、爽子は憧れと尊敬の念を抱いていた。風早はいつも人知れずクラスのために働いたり、本当はとても前向きな爽子に特別な感情を抱いているのだが、爽子の尊敬の眼差しにしばらくは恋愛感情を温かく見守ることを誓う。そんな中、爽子は少しずつクラスにも打ち解けるようになり、義理人情に厚く涙もろい吉田千鶴(蓮佛美沙子)や、沈着冷静な矢野あやね(夏菜)と仲良くなっていく。そんな友人たちに、爽子は初めて自分の気持ちを話せるようになり、心の中にある風早に対しての“特別な気持ち”に気付き始めるのだった。だが、風早を中学時代から知る胡桃沢梅(桐谷美玲)が爽子の前に現れ、風早への想いを告白、爽子に協力して欲しいと告げる……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東宝
ヘッド館 新宿ピカデリー
上映時間 128
公開日 2010年9月25日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する