閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「青い芽」(1956)

0点--

あらすじ

ミッションスクールの女子学生のり子は、他校との野球試合で味方のピッチャー沢木光雄に野次をとばした不良学生を堂々とたしなめたが、そのため帰りに待伏せを受けた。しかし彼女は友達の和子や時子をかばって相手の横ッ面を張り、学校中の評判となった。翌日、のり子と沢木は、沢木の友人林にさそわれてボート遊びに出かけたが、不良学生の川島たちにみつかり、金を出せと脅迫された。だが川島たちは、線路に駈け上った沢木から砂利石の逆襲を受けて退散した。沢木と二人きりになった時、のり子は彼を大好きになったと告白し、大人はこんな時きっと婚約するのだろうと言って沢木を驚かせた。その夜のり子は沢木と結婚したいと申し出て、昔風の母を逆上させたが、理解ある父になだめられた。のり子の学校の礼拝堂で若い一組の結婚式が行われ、聖歌隊員として参列したのり子は、その厳粛な雰囲気に深い感銘を受けた。光雄と会ったのり子は、昨夜両親に彼のお嫁さんになりたいと言ったことを打ち明けてから、今日の結婚式の感激を話し、花嫁が自分と同じ名前だったといった。のり子は光雄に向って、自分は矛盾だらけの娘だといい、結婚式の日が来るまでは光雄を好きだと言った気持も、お嫁さんにしてもらいたいと言った気持も、みんな取り消すといった。光雄の方でも、のり子とまったく同じ気持であった。二人が肩を並べて歩く前を、マラソンの選手が走って行き、二人の応援に手をふってこたえた。光雄とのり子は、“お互いに勘張ろう!”と、顔を見合わせて明るく微笑した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
上映時間 35
チケット 前売りチケットを購入する