閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「最高でダメな男 築地編」(2010)

画像

【DVD発売中】

0点--
築地を舞台に、3人のダメ男の物語を綴るオムニバス。魚市場場内で働くもてない男の恋の行方や、ニートの青年がひょんなことから新人寿司職人なり奮闘する姿、そして、元築地で働いていたダメ親父のどこか憎めないハートフルな物語が展開する。人気お笑い芸人バナナマンの日村勇紀やミュージシャンとしても活躍する加藤和樹ら個性豊かな面々が出演。

あらすじ

「築地で一番ダメな男」築地場内で働く村岡太陽(日村勇紀)は、ダメ男でまったくモテない。ある日太陽は、後輩・田島(古川雄大)のアドバイスを受けて、スナックの巨乳ホステス・サクラ(松坂南)にアタックする。しかしサクラには息子・トシがいた。太陽はトシとの間に、不思議な友情を育んでいく。「かんからちん」洋一(中野英雄)は、あまりのだらしなさに築地をクビになってしまい、群馬にある実家に帰る。洋一の奔放さに、息子・洋介(磯尚太郎)や娘・亜美(中島愛里)は振り回される。さらに洋一は、築地から後輩・明彦(光永隆志)を呼びつける。ついに亜美は、我慢の限界を越える。「TSUKIJI流」祐也(加藤和樹)は内向的な自分を変えたいと思い、築地寿司屋で働いている。しかし満足にコミュニケーションを取ることもできない祐也にとって、厳しい寿司職人の世界は試練の連続だった。裕也は親方(螢雪次朗)に怒られてばかりだったが、その度に親方の娘・奈々(芹沢那菜)がかばってくれていた。ある日、祐也は母親(岡田奈々)の夢を見る。それ以降、祐也の日常が少しずつ変わっていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 ウィズユー求人シネマ
ヘッド館 シネマ・アンジェリカ
上映時間 90
公開日 2010年4月3日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する