閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「お姉ちゃん、弟といく」(2006)

画像

【DVD発売中】

77点77
'08年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞に輝いた、エロくてユーモラスな中編映画。姉のパンツを盗んだ弟と盗まれた姉の、変態的な性癖が浮かび上がると同時に、不思議な絆が生まれていく様を描く。監督は、篠原哲雄作品の助監督を務めていた吉田浩太。寸止めのエロ描写で独特の笑いを生み出すアプローチが注目を集める逸材だ。

あらすじ

森下なお(江口のりこ)は、女友達の梅野沙希(菜葉菜)と共に東京郊外でアパートをシェアして暮らしている。なおの25歳の誕生日。突然、弟の康太郎(中村邦晃)が田舎の実家を飛び出してきたとなおを訪ねてくる。なおは弟を迎え入れ、妙齢女子二人と若い男の同居が始まった……。初日の夜。なおは衝撃的な光景を目撃する。寝静まった居間の片隅で康太郎がなおのパンツを物色していたのだ。心と体の片隅が疼きだすなお。翌日、なおと沙希、康太郎の三人は街へと出かける。しかし、なおは後ろからついてくる康太郎の視線が気になって仕方ない。その後、寂れたボーリング場で、なおはこっそりとパンツを脱ぐ。腰を低くして、つきだしてボールをレーンに落とすと、なおのスカートがふんわりと康太郎を誘う……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 ゼアリズエンタープライズ
ヘッド館 池袋シネマ・ロサ
上映時間 42
公開日 2010年6月19日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する