閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「《シネマ歌舞伎》蜘蛛の拍子舞」(2010)

画像

95点95
建て替えによる一時閉館に伴って開催された“歌舞伎座さよなら公演“の中から、坂東玉三郎主演の舞踏劇をシネマ歌舞伎で上映。源頼光と家臣の渡辺綱、坂田金時ら四天王による土蜘蛛退治の物語で、玉三郎の美しく妖気漂う女郎蜘蛛の精への変化や、尾上松緑、尾上菊之助らの美しい舞、坂東三津五郎の豪快な押戻しなどが、スクリーンで堪能できる。

あらすじ

主を失って荒れ果てた空の御所に物の怪が現れるという話を聞き、真偽のほどを確かめに訪れた源頼光(尾上菊之助)。そこへ突如、美しい白拍子の妻菊(坂東玉三郎)が現れ、艶やかな踊りと色仕掛けで頼光をたぶらかそうとする。頼光と家臣の渡辺綱(尾上松緑)は妻菊と共に拍子舞を舞うが、灯火に照らされた彼女の影が蜘蛛に見えることから、その正体が物の怪であることを見破る。討ちかかる2人に千筋の糸を繰り出して姿を消す妻菊。再び姿を現した彼女は恐ろしい女郎蜘蛛の精へと姿を変え、華麗な大立廻りを繰り広げる。苦戦する頼光たち。そこへ怪力無双の坂田金時(坂東三津五郎)が駆けつけて……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 東劇
上映時間 69
公開日 2010年5月1日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する