閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「都市霊伝説 心霊工場」(2010)

画像

【DVD発売中】

54点54
都会の中にひっそりと佇む廃工場。そこではいったいどんな惨劇が起こったのか? '95年、日本映画学校の卒業制作として監督した映画『チャンス・コール』が今村昌平賞を受賞、前作『童貞放浪記』も注目を集めた俊英・小沼雄一が監督した悪霊ホラー。怪談クリエイターとして各メディアで活躍するファンキー中村が出演しているのも話題だ。

あらすじ

ホラー映画監督のトヨカワ(ファンキー中村)は取材撮影のため、とある廃工場を訪れる。自殺や殺人事件も多いこの廃工場は、心霊現象の目撃談が後を絶たない場所でもあった。トヨカワは、廃工場の奥深くへ侵入する。するとその背後に、謎の影が迫っていく。一方、ホラーサークル“法螺の会”の会長・恵梨(石原あつ美)の元に、大手ホラー出版社から取材の依頼が舞い込む。それは、トヨカワが侵入した廃工場の取材だった。法螺の会のメンバーたちは、肝試しのノリで、軽く依頼を引き受ける。翌日、ホラー出版社に謎のメモリーフラッシュが届く。それは、トヨカワから送られてきていた。編集者の真紀(大塚麻恵)がそのメモリーフラッシュの中身を見ると、そこには驚愕の事実が隠されていた。ホラーサークルのメンバーたちは、無断で廃工場に行っていた。それを知った法螺の会・副会長の俊郎(平田裕一郎)は、廃工場へ急いで駆けつける。俊郎はそこで、凄惨な光景を目の当たりにする。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 ムービープラネット
ヘッド館 アップリンク X
上映時間 74
公開日 2010年3月6日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する