閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アダン」(2005)

画像

【DVD発売中】

68点68
『地雷を踏んだらサヨウナラ』など伝記ものを得意とする五十嵐匠監督が、画家でもある榎木孝明を主演に“幻の画家“田中一村の生き様を活写。日本画壇と対立しながら、奄美大島で最高の1枚を描こうと魂を燃やす彼の精神世界を描く。

あらすじ

昭和22年。その日の米にもこと欠くような日々の中、39歳の田中一村(榎木孝明)は一心不乱に絵に打ち込んでいた。3歳年上の姉・喜美子(古手川祐子)は、弟の才能を信じて苦しい生活を支え続ける。一村は、初めて公募展に出品した『白い花』の入選に続き、第十五回北斗展に自信作『秋晴れ』を出品するが、落選する。その後、院展、日展等の公募展へ出品するが、落選を繰り返す。一村の才能を認める美術学校の同期・荒木泰雲は画商を紹介するが、一村は「絵を売るのは魂を売るようなものだ」と、自分の絵を見せることさえしない。師を持たず、画商を寄せつけず、超然とした態度で画壇に取り入ることもせず、一村は求道者のように絵を描き続ける。時が流れ40代になっても世に認められず、もう自分に残された時間がないことを感じつつあった一村は、一大決心をする。自分を支え続けてくれた姉・喜美子と別れ、生涯で最後となる絵を描くため、奄美大島に渡るのだ。一村はすでに50歳となっていた。南海の島・奄美では、国立千葉病院の院長・住友先生の紹介で、和光園園長の世話になる。しかし奄美でも生活の困窮ぶりは変わらなかった。工場で働き、生活資金を貯えては、2年ないしは3年間みっちり絵に集中するという生活を一村は続けた。ある日、クワズイモをスケッチしている一村の目の前に、不意に少女アダンが現れた。アダンは、一村の中で自由で美しい生命の輝きそのものと化していく。昭和40年、一村のもとに一通の電報が届く。国立千葉病院で働いていた姉・喜美子の危篤を知らせる電文だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 東京テアトル=DHC=映画「アダン」を作る会
上映時間 139
公開日 2006年5月20日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する