閉じるボタン

「死刑台のエレベーター」(2010)

画像

【DVD発売中】

44点44
仏映画界の巨星ルイ・マルのデビュー作にして、ヌーヴェルバーグの名作『死刑台のエレベーター』を、世界で初めて日本がリメイク。医療グループの社長夫人が、不倫関係に落ちた医師と共に夫殺害の完全犯罪を企てる。監督は『いつか読書する日』の緒方明。大女優ジャンヌ・モローが演じたファム・ファタール役の吉瀬美智子を始め、阿部寛ら豪華キャストの熱演にも注目だ。

あらすじ

大企業“手都グループ”の会長夫人、手都芽衣子(吉瀬美智子)は、グループ傘下で働く医師、時籐隆彦(阿部寛)と不倫関係にあった。2人は芽衣子の夫、手都グループの会長(津川雅彦)殺害を計画。密室で自殺に見せかけて会長を殺害する、ほんの15分程度で済む完全犯罪だった。1人で仕事をすると秘書に告げて、手都ビル内のオフィスに籠る時籐。ベランダからロープを渡してすぐ上の部屋によじ登ると、拳銃で会長を殺害する。だが、自室に戻るのに手間取り、ロープをかけたまま秘書と一緒にビルを出る。同じ頃、ビルの外では警官の赤城邦衛(玉山鉄二)がチンピラに拳銃を奪われていた。一方、駐車場から出てきた時籐は、ビル脇に車を止めて駆け込んでいく。ロープを無事に回収するが、乗り込んだ下りエレベーターが突然停止し、閉じ込められてしまう。この日は週末。5時半にビルの電源が落とされる日だったのだ。外では赤城が、チンピラたちのボス、神健太郎(平泉成)の情婦、中井朔美(りょう)に目を止めていた。神と朔美が車に乗るのを見た赤城は、恋人の松本美加代(北川景子)とともに、止めてあった時籐の車に乗り込む。近くのカフェで待つ芽衣子の目の前を通り過ぎる時籐の車。その助手席に若い女の姿を見つけた芽衣子は、疑心暗鬼に陥り、コートを翻して街へ出てゆく。その頃、時籐は脱出を試みていたが、思うようにいかずに苦心していた。やがて、赤城と神、2組の男女がコテージに到着。かつて恋人だった朔美の挑発に乗った赤城は、2人を射殺してしまう……。翌朝。殺人現場に放置されていた車から、容疑者となった時籐を探して手都ビルに警察が駆けつける。動き出すエレベーター。間一髪でビルを脱出する時籐。だが、殺人事件は大々的に報じられ、刑事たちが会長の死体を発見するのも時間の問題。時籐は全ての罪を背負うことになるのか……?果たして芽衣子の運命はどうなるのか……? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 角川映画
ヘッド館 角川シネマ新宿
上映時間 111
公開日 2010年10月9日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する