閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「おけさ唄えば」(1961)

【DVD発売中】

0点--

あらすじ

一本松の千太郎は一風変った旅人で、出世するには悪党の性格を身につけなくてはと、血も涙もない男になりきろうと一生懸命つとめるのだが、根が正直物の好人物だけにいつも人を助けるという反対のことばかりやっていた。彼は信越の山道でおけさの半次というやくざに斬りつけられるが、半次は千太郎の気っぷに惚れてきれいに別れていった。半次と別れた千太郎は、ひょんなことで、弥彦の勝五郎という旅人と一緒になるが、彼が女であることを見破っていた。千太郎に一目惚れの勝五郎は、父親の勘治郎のところに千太郎をとめようと、盛んに勘治郎は悪党の親分であると説明するのだった。二人は坂木の藤吉の家に草鞋をぬいだが、そこで千太郎はお君という田舎娘を助けるハメになった。話しているうちにお君は半次の姉であることがわかった。翌日、千太郎は二人を残して稲荷山の勘治郎一家に草鞋をぬいだ。そこには半次も来ていた。勘次郎に逢ってみて千太郎はびっくりした。勝五郎の言ったこととは反対で、仏のような人であった。そこへお君を伴って勝五郎が帰って来た。彼は家に帰るともとのお勝として女にかえった。そんな時、黒姫の繁蔵から喧嘩状が届いた。黒姫一家は悪評高い貸元だったので悪事の修業を志す千太郎は、これも修業のためと黒姫一家に寝返ってしまった。お勝と半次はこの裏切りに火のように怒った。翌朝の喧嘩場、半次は千太郎に一騎打を申出た。ところが、当の千太郎は“極悪非道の黒姫の繁蔵を裏切りや、一本松の千太郎、悪党修業の冥利につきまさ……”と大見得をきって稲荷山一家に再び寝返ったのである。おかげで黒姫一家は総くずれとなった。勘治郎の止めるのを退け、お君の淋しそうな目を背後に感じながら千太郎は旅にでるのだった。その旅姿に半次のうたう“おけさ唄えば”の歌声がかぶさっていった。お君と半次の姉弟も佐渡へ帰った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
上映時間 83
チケット 前売りチケットを購入する