閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アンダンテ〜稲の旋律〜」(2010)

画像

75点75
ひきこもりの経験を持つ旭爪あかねが実体験に基づいて書き上げた同名小説を映画化。『青いうた のど自慢青春編』が高い評価を得た金田敬監督が、自分の居場所を見つけられない女性の再生と恋を温かな眼差しで描き出す。『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』のヒロイン役を演じ、注目を浴びるミュージカル女優、新妻聖子が映画初主演を務める。

あらすじ

藪崎千華(新妻聖子)は、母・由利恵(宇都宮雅代)の強い希望で幼い頃から音楽の道を歩むが、音楽界の競争は厳しく、次第に自信をなくしていった。やがて自分自身を見失い、登校拒否となった結果、大学を中退。アルバイト生活に入るが、職場での人間関係がうまく作れず、仕事を転々とする。そしてとうとう、一日中家に閉じこもるようになり、両親とのいざこざを繰り返す毎日に陥っていた。そんな自分を思いつめた千華は、千葉県の水田に“誰か私を助けてください”と書いた紙切れをペットボトルに詰め、“心のSOS”として置いてくる。しばらくすると、水田の持ち主、広瀬晋平(筧利夫)から手紙が届く。ペットボトルの手紙を読んだ晋平は、真剣に千華のSOSに応えようとしていた。その言葉に、千華は自分がどのような人間で、他人と会うことを恐れることになった理由を綴った長い手紙を晋平に送る。こうして始まった晋平との交流は、千華のひきこもり生活を徐々に変化させていくが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 ゴーゴービジュアル企画
ヘッド館 ポレポレ東中野
上映時間 110
公開日 2010年1月23日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する