閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「《ゲキ×シネ》蜉蝣峠」(2010)

画像

75点75
演劇の映像を映画館で楽しむ新たな映画コンテツ“ゲキ×シネ“の最新作。今回は演劇界屈指の人気を誇る“劇団☆新感線“と、“クドカン“こと宮藤官九郎のコラボレーションが話題を呼んだ傑作ステージが、舞台の興奮と迫力そのままに最高のデジタル映像で甦る。古田新太、堤真一、高岡早紀、勝地涼ら豪華なメンバーが揃ったキャストの競演も注目。

あらすじ

最新のデジタルシネマ技術を使用し、舞台の迫力を映像作品として映画館で上映するゲキ×シネシリーズとして、2009年春に上演された劇団☆新感線の公演を映像化した。阿呆のように振舞いながら剣の腕は立つ闇太郎(古田新太)は、その名前以外の記憶を一切失っている。闇太郎は、能天気な元旅役者・銀之助(勝地涼)に誘われて、蜉蝣峠を下っていく。するとそこには、極道たちが勢力争いに明け暮れる、荒れ果てた宿場町があった。その町には、クールに人を斬る孤高の男・天晴(堤真一)、闇太郎の過去を知る女・お泪(高岡早紀)、江戸帰りの極道一家の跡取り・サルキジ(木村了)、そして、25年前に起きた忌まわしい事件を知る飯屋のがめ吉(梶原善)らがいた。そして闇太郎は自分の過去と向き合い、血で血を洗う戦いに身を投じる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 ヴィレッヂ=ティ・ジョイ
ヘッド館 新宿バルト9
上映時間 167
公開日 2010年2月13日(土)公開
カテゴリ 演劇/ステージ
チケット 前売りチケットを購入する