閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「時をかける少女」(2010)

画像

【DVD発売中】

71点71
アニメ版『時をかける少女』でヒロインの声を演じた仲里依紗が、今度は新たな発想による実写リメイク編に登板。今回のヒロインはオリジナル版の主人公の娘。昏睡状態に陥った母の初恋の人を探すため、70年代にタイムリープする。自分と同年代の母親、彼女と父親の青春時代、そして母親の初恋の人。オリジナル版ともアニメ版とも異なる、独特の味わいにご注目を。

あらすじ

2010年。高校3年生の芳山あかり(仲里依紗)は、母・和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に合格する。そんなある日、和子が交通事故に遭い、意識不明の昏睡状態に陥ってしまう。あかりが病院を訪れると、和子は一瞬意識を取り戻すが、1972年に戻って和子の初恋の人・深町一夫(石丸幹二)との約束を果たすのだと繰り返すばかりであった。そんな母の言葉にあかりは為すすべがなかったが、ある時ひょんなことから、タイム・リープの能力を身につける。母の想いを継ぐために、あかりは1972年へとタイム・リープを試みるが、何を間違えたか1974年に来てしまう。そこで出会った映画監督志望の大学生・溝呂木涼太(中尾明慶)に協力してもらいながら、あかりは深町一夫を探すことに……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 スタイルジャム
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ渋谷
上映時間 122
公開日 2010年3月13日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する