閉じるボタン

「破れ太鼓」(1949)

【DVD発売中】

68点68
津田軍平は、戦後の混乱のなかで財をなしたらしい成金土建屋。津田家には、軍平の経営する会社にイヤイヤ勤めている長男、親爺を風刺した『破れ太鼓』を大声で歌いまくっている音楽家志望の次男、父の便を顕微鏡でのぞき回虫の卵を見つけて大喜びしている医学生の三男、『ハムレット』の芝居の練習に熱中している女学生の次女、その相手をさせられてうんざりしている中学生の四男、父の命令で会社の出資者の息子と愛情のない交際を強いられている長女、そして軍平の妻が暮らしている。軍平は無教養で傲慢な、やや時代錯誤的な暴君だった。こんな軍平と家族とが繰り広げる木下惠介得意のユーモア喜劇。日本映画を代表する大俳優、しかもどちらかというと時代劇のイメージの強い阪東妻三郎を、こうした現代ものの喜劇に起用し、見事に成功させてしまう木下の並々ならぬ力量を、本作品は如実に示している。木下惠介というと抒情的な作風で知られるが、こうした大喜劇においてもその才能は際だっている。小林トシ子のデビュー作でもあり、また木下の実弟・木下忠司も次男役で出演。

あらすじ

津田家の主人軍平は土建屋で、過去は腕と度胸で危い橋をわたってきた男で、無教育でごう漫で、そして暴君であった。家族に対してもおれのお蔭でみんなしあわせに暮せるんだと思っているから、妻や子供はみんな自分に感謝し尊敬していると思っている。だが−−父の会社につとめている長男太郎は叔母素子と共同でオルゴール製造会社をやろうとし、音楽家志望の二男平二はオヤジをふう刺した「破れ太鼓」という歌をつくって弟妹にきかせてる。三男又三は医学生、四男四郎は中学生、長女秋子は父の会社の出資主の息子花田輝夫に嫁にいけといわれていて、相手に愛情もないのに交際していたが、ふとしたことから青年画家野中と愛し合う。次女の春子は女学生。兄妹みんな仲よく母を慕って楽しい家庭なのだが軍平が帰ってくるとその団らんはこわれ、軍平の圧力の前に屈して去勢されたようになってしまうのだ。この二つの雰囲気は到々爆発するときがきた。−−太郎がオルゴール会社のことを父に説き、反対された上なぐられ、太郎は家を出て叔母素子のもとに走った。秋子は昨日までの秋子でなかった。恋に生きる強い女になっていた。輝夫との婚約のことでついに父のゲキリンにふれ決然として家を出た。秋子をなぐる軍平に、今まで絶対服従だった妻邦子まで、今や軍平の前に立ちふさがり彼女もまた良人のもとを離れて家を出るに至る。母のあとを追って子供たちもみんな一しょに出てしまった。そのころ軍平の会社は金づまりと、秋子と輝夫のことで資本主は手を引き、ついに暗礁にのりあげた。昨日に変る失意の軍平は今こそ孤独の自分を知り人生の悲哀を感じたのだ。叔母素子のもとでオルゴール製造に当って楽しい勤労を実践中の太郎や母邦子、秋子たちももともと自分たちの良人であり父である軍平を心から憎んでいるわけではなかった。みんなは心よく失意の軍平を自分たちの温い雰囲気の中へ迎え入れてやるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1949年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 110
チケット 前売りチケットを購入する