閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「ウディ・アレンの夢と犯罪」(2007)

画像

【DVD発売中】

64点64
'05年から活動拠点をヨーロッパに移したウディ・アレンの『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続くロンドン3部作の締めくくり。危ういモラルの一線を踏み外し、破滅への坂道を転がりゆく兄弟の姿を描いた人生悲劇。ギリシャ神話やドストエフスキー文学からの影響を滲ませ、音楽は現代音楽のフィリップ・グラスが奏でる。

あらすじ

ロンドン南部。父親が営むレストランで働くブレイン家の長男イアン(ユアン・マクレガー)は、カリフォルニアのホテル事業に投資し、そのリターンを元手にビジネスマンとして新たな人生を踏み出すという夢を描いていた。一方、自動車修理工場に勤めるイアンの弟テリー(コリン・ファレル)は、酒とギャンブルをこよなく愛し、さしたる不満もない気楽な日々を送っている。恋人ケイト(サリー・ホーキンス)と一緒に住むマイホームを持つことが唯一の希望であった。夢も性格も対照的だが、お互いに良好な関係を保っている兄弟は、格安の6000ポンドで売りに出されていた小型クルーザーをローンで共同購入、テリーがドッグレースで大穴を当てた犬の名にちなんで“カサンドラズ・ドリーム号”と名付ける。そんなある日、イアンは車の故障で立ち往生していたアンジェラ(ヘイリー・アトウェル)という若い女優を助け、そのお礼として彼女が出演中の舞台に招待される。やがてテリーの修理工場から借りた高級車でリッチな雰囲気を演出し、港町ブライトンに繰り出したイアンは、モデルの仕事を終えたアンジェラとホテルで結ばれる。自らの人生が輝き始めたことを実感するイアンであったが、テリーがマイホームの資金ほしさに危険なポーカー勝負に手を出し、ヤミ金相手に9万ポンドもの借金があることを聞く。ところがまもなくして、カリフォルニアや中国で美容関係の事業を行っている伯父・ハワード(トム・ウィルキンソン)が、家族に会うためにやって来る。一族きっての成功者である彼ならば、テリーの借金もイアンのホテル投資の軍資金も肩代わりしてくれるだろうと期待した兄弟だったが、ハワードは意外な交換条件を二人に切り出す。「マーティン・バーンズという男を処分するんだ……」。ホテルのレストランでバーンズの顔を確認したイアンとテリーは、手製のピストルを胸元に忍ばせ、彼に近づいていった……。 【キネマ旬報データベースより】
原題 CASSANDRA'S DREAM
製作年 2007年
製作国
配給 アルバトロス・フィルム
ヘッド館 恵比寿ガーデンシネマ
上映時間 108
公開日 2010年3月20日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する