閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「男性対女性」(1936)

0点--
2000年6月に閉鎖された大船撮影所の建設記念映画として製作されたオール・キャスト大作。この種の作品をしばしば任された島津保次郎が、今回も監督を担当している。商社の社長渥美の次男・哲也はフランス帰りで今はレビュー劇場の演出家。踊り子の美代子は彼に恋心を抱いている。一方、劇場経営者の娘・時子は哲也の兄を恋慕っていた。ところが渥美も時子の父も事業に失敗、二つの恋は思わぬ急流に巻き込まれる。
製作年 1936年
製作国 日本
上映時間 134
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する