閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「劇場版トライガン Badlands Rumble」(2010)

画像

74点74
月刊『ヤングキングアワーズ』誌上で連載され、'09年に原作コミックが完結した内藤泰弘による原作を映画化したサイバーSFウエスタン。近未来の辺境の惑星を舞台に、巨額の懸賞金を賭けられているガンマンが、伝説の大強盗を仕留めるため、名乗りを上げる。荒くれ者のアウトローたちが荒野を舞台に繰り広げる、壮絶なガンバトルが圧倒的だ。

あらすじ

時は近未来。岩と砂漠に覆われた辺境の惑星。地球を離れ、移民船でこの地にたどりついた人類は、“プラント”と呼ばれる人工生命体がもたらすエネルギーを頼りに、町を作り、生活を営んでいた。だが、そこは開拓時代の西部さながらに、アウトローや賞金稼ぎが幅を利かせる無法の世界でもあった。そんな世界で、いつしか伝説のガンマンの噂が人々の間で囁かれるようになる。 都市ひとつをまるごと灰にすると言われ、その首に600億ダブドルの賞金が賭けられた男。ヒューマノイド・タイフーンとあだ名され、人間災害に指定された真紅のコートに身を包んだ超絶ガンマン。それがヴァッシュ・ザ・スタンピード(声:小野坂昌也)だった。流砂に囲まれた町マッカでは、伝説の大強盗ガスバック(声:磯部勉)が町を狙っているという噂が流れ、町を守るために荒くれ者たちが集められていた。ガスバックの賞金目当てに次々と町にやってくる賞金稼ぎたち。保険の査定のために町を訪れたベルナルデリ保険協会の調査員メリル(声:鶴ひろみ)とミリィ(声:雪野五月)はその様子に驚く。しかも、一行の中にはヴァッシュの姿が。破壊と惨劇を恐れたメリルは、何とかヴァッシュを町から追い出そうと説得を試みるが、当の本人は涼しい顔。実際のヴァッシュは超絶ガンテクニックを持ちながらも、残虐な殺戮者の噂からは程遠い平和主義者。ミリィの説得などどこ吹く風とばかりに、賞金稼ぎのアメリア(声:坂本真綾)にちょっかいを出していた。そんな中、ついにガスバック一味が現れる。一味の中には武器内臓の巨大十字架を背負った巡回牧師ウルフウッド(声:速水奨)の姿も。それぞれの思惑が交錯する中、アウトローたちによる荒野の大狂宴が幕を開ける……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 クロックワークス
ヘッド館 シネマサンシャイン池袋
上映時間 90
公開日 2010年4月24日(土)公開
カテゴリ SF
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る