閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「江戸遊民伝」(1959)

0点--

あらすじ

江戸−−お薬師の縁日の夜。森田屋清蔵の用心棒でビッコの市之丞は、惚れている甘酒屋お浪の所で、昔の同僚で松江侯の重役北村大膳と出会った。お浪の弟直侍は、隙を見て大膳の刀から小柄を盗み取った。小柄は、将軍家より松江侯が拝領した北村家に賜ったものだけに、大膳びっくり仰天した。直侍はイカサマ将棋にひっかかっている河内山宗俊に、そのカラクリを教えてやり、二人は親しくなった。宗後は直侍を連れて吉原にくりこんだ。そこで、介抱してくれた三千歳と直侍は恋仲になった。直侍は森田屋に身受話の決った三千歳と手に手をとって駈落したが途方にくれ、河に身を投じた。が、直侍だけが一命をとりとめた。森田屋はお浪に、身受金を返すか、それとも俺に身を任すかと迫った。お浪は身売りを決心した。宗俊は市之丞からこの事情を聞いた。そして、お浪を女房のお静にあずけ市之丞と金の工面に出かけた。それより前、直侍が売った小柄を偶然買い取った大膳は、それが自分のものとは気づかず内心ビクビクしていた。これを知った宗俊と市之丞は一計を案じ、一品親王の使王道海と偽り松江侯の邸へ乗りこんだ。驚く松江侯とニセ物を見破られたと思って慌てる大膳から、二人は大金をせしめた。が、帰ってみるとお浪は、お静の誤解とやきもちから再び森田屋の手に渡っていた。その時、清蔵を殺し乾分丑松一味に追われた直侍が逃げこんで来た。真相を知ったお静は、意を決し、表へ飛び出し戸を閉めた。戸外へ斬って出る宗俊、が一瞬遅く、お静は丑松に斬られた。市之丞もまた直侍を助けようとして、丑松の手槍に倒された。宗俊は阿修羅のごとく斬りまくった。ようやく囲みを破って走り去る直侍の姿を見とどけた宗俊は、遂に丑松を倒した。と、南方奉行所の捕方が宗俊を取り巻いた。宗俊の顔には満足げなほほえみがあった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 104
チケット 前売りチケットを購入する