閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「蛇娘と白髪魔」(1968)

【DVD発売中】

48点48
楳図かずおの恐怖漫画『ママが怖い』と『赤ん坊少女』を原作に、“ガメラ“シリーズで知られる湯浅憲明が監督した少女向け恐怖映画。孤児の小百合はふとしたことから南条家で暮らすことになるが、その家の天井裏にはタマミという娘が住んでいる。ある日小百合は風呂場でタマミの恐ろしい秘密を見てしまう。

あらすじ

小百合は、生き別れになっていた両親にめぐり合い、孤児院から南条家に連戻された。ところが、小百合を待受けていたのは明るい家庭ではなく、冷たい母親の夕子と婆やのしげだった。しかも、優しく小百合を迎えた父親の吾郎は、毒蛇の研究にアフリカへ出かけてしまった。その上、南条家に帰った小百合には、日ごと夜ごと奇怪な事件が襲いかかった。ある夜、天井から小百合のベッドに蛇が落てきた。びっくりして、部屋を見廻すと、一面蛇だらけだった。ところが、婆やを連れて戻ってみると、蛇は姿を消しているのだった。そして、ある時には、ロが耳まで裂け、首に蛇を巻いた恐しい影を見ることもあった。夕子が、小百合と姉のタマミを引合わせたのは、そんな折だった。小百合は、わけがあって学校にも行けず、屋根裏部屋で暮しているタマミに同情し、一緒に暮すことにした。ところが、朝、目を覚ますとタマミのあとにはいつも蛇のうろこが落ちていた。やがて、タマミは小百合を虐待しはじめた。蛇さながらに背中を埋めつくしたうろこを風呂場でのぞき見られたからだった。タマミに屋根裏へ追いやられた小百合は、その夜白髪魔に襲われた。恐怖におののく小百合は、孤児院に逃げ戻り、ことの始終を園長と林に話した。園長が白髪魔に殺されたのは、その晩だった。白髪魔と蛇娘は、つづいて遺産相続者の小百合を家におびき寄せ火をはなった。そして、その急場を救ったのは、小百合を追って来た林青年だった。やがて、その罪の恐しさを知った蛇娘のタマミは、白髪魔のしげとビルの上で争ううちに、足を踏みはずし、あえない、最後をとげたのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 82
チケット 前売りチケットを購入する