閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「山を守る兄弟」(1953)

0点--
大佛次郎の時代小説を基に描いた娯楽時代劇。クライマックスとなる山中での攻防戦など、見どころ満載。甲州の山岳地帯では、玉置家とその敵である豪族の二つのグループが縄張り争いをしていた。そこへ、江戸修行から帰る玉置家の兄弟が、途中で敵方の娘を助けたにも関わらず襲われ、さらに家まで焼かれてしまい悪代官から拷問を受ける。兄弟は越中守へ直訴するが……。

あらすじ

甲州の山岳地帯、台カ原では豪族玉置家と角倉家の勢力争いが激しかった。角倉の番頭黒川銑次郎に対し、短銃の上手い玉置大三郎は、炭焼き三吉に授けられて僅かに先祖伝来の山々を守っていた。江戸で修業を終えた大三郎の兄伊織は、帰途、角倉の一人娘小弓の危難を救ったが、小弓を迎えに来た黒川らの襲撃に会い、大三郎が救援に駈けつける隙に兄弟の家は焼かれてしまった。更に黒川は、無理矢理小弓を妻にする事を承諾させた上、悪代官を抱きこんで伊織を呼び出し拷問にかけた。必死に争った伊織は大三郎と共に三吉の小屋へ逃れ、越中守へ直訴に及ぶが、黒川一味の山狩りにより危機が迫った。その頃台カ原調査の命を受けた越中守の腹臣並木秋之助が到着し黒川の不正を知った。激しい射撃戦を続けていた伊織らが弾丸もつき果て、黒川に捕えられ正に殺されんとした時、越中守が駈けつけ黒川一味は一網打尽になった。かくて台カ原の両家は和解し、秘かに想い合っていた伊織、小弓も結ばれ、山々に再び大三郎の明るい唄声が美しく流れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1953年
製作国 日本
上映時間 87
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する