閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「あの丘越えて」(1951)

10点10
当時最高のアイドルだった美空ひばりと鶴田浩二の共演による青春映画。山の牧場で育った万里子はおてんばの自然児。東京へ出た彼女は家庭教師・大助にいろいろ教わりながら都会的に美しくなっていくのだった……。万城目正作曲の歌が散りばめられた明るい娯楽映画。

あらすじ

白濱研一郎は妻に死なれたとき、娘萬里子を婆やのあやにあずけた。萬里子は山の牧場ですくすくと大きくなって今年十三歳になったが、その間父研一郎は朝子を妻に迎え、事業も成功したので、萬里子を東京へ呼び戻すことになった。萬里子は婆やや馴染深い牧場の馬たちに悲しい別れをつげ、自分の家庭教師となるという大助に迎えられて初めて父の家へ帰った。朝子は実子にも及ばぬほど萬里子を可愛がってくれるので、野育ちの乱暴な動作や田舎言葉を学校で笑われながらも幸福であった。それに大好きな大助が色々と相手をして教えてくれるので次第に都会の少女らしく美しくなった。朝子の父伍平は、萬里子を朝子の実子と思い込んで、頑固一徹な彼も無邪気な萬里子を次第に愛するようになっていた。しかし世の中はままならず、その頃から研一郎の事業が思わしくなくなりはじめた。伍平にその援助を頼んでいる折しも、里子の誕生日で、大助のすすめで萬里子が亡き母の作曲した歌を歌ったことから、萬里子が朝子の実子でないことが伍平に知れ、彼をいどくおこらせた。萬里子は自分のために家が苦境におちたことを知ってひとり山へかえった。それは偶然あやの臨終に間に合った。一時の怒りで人々を傷つけたことを後悔し、やはり萬里子を可愛く思う伍平の提案で、みんなそろって萬里子を山へ迎えに来たのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1951年
製作国 日本
上映時間 83
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する