閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「センコロール」(2009)

画像

68点68
講談社アフタヌーン四季賞にて四季大賞を受賞した宇木敦哉がたったひとりで、すべてを手描きで作画したアニメ。非現実性世界に巻き込まれた高校生たちの運命を描く。

あらすじ

ある町のビルの屋上に、突然、巨大なモンスターが姿を現す。自衛隊まで出動し、平凡な町は騒然となる。その町で暮らす女子高生・ユキ(声:花澤香菜)は、同じ高校に通う少年・テツ(下野絋)の秘密を知ってしまう。それはテツが、そのモンスターとよく似た“センコ”という奇妙な生物を、ペットのように飼っていることだった。ユキは持ち前の度胸と好奇心で、テツとセンコの関係に興味を持ち、テツに近づいていく。そこに、巨大モンスターを操る少年・シュウ(木村良平)が現れる。するといきなり、テツとシュウの間で戦いが勃発する。彼らの正体も、何のために戦っているのかもわからないまま、ユキはモンスター同士の戦いに巻き込まれてしまう。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 アニプレックス
ヘッド館 テアトルダイヤ
上映時間 30
公開日 2009年8月22日(土)公開
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る