閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「白日夢」(2009)

画像

【DVD発売中】

40点40
1981年の『白日夢』に主演した愛染恭子と、ピンク映画の雄、いまおかしんじが共同で監督を務め、谷崎潤一郎の同名戯曲を映画化した官能ドラマ。美しい歯科助手の女性と、妄想に心乱れていく警官の関係を、人間の本質に立ち返った大胆な性描写とともに描く。本作で映画デビューを果たした、西条美咲の美しい裸体も見ものだ。

あらすじ

アパートの一室で撃たれて呻く警察官の倉橋誠一(大坂俊介)。意識が遠のく中、彼を現実に引き戻したのは、電話の音。すべては派出所で居眠りをしていた倉橋の夢だった。電話の主は空き巣の被害にあった女性、葉室千枝子(西条美咲)。その美しく清楚な容姿に、倉橋は心を動かされる。彼女のアパートで被害状況を調べるうちに、そこが先ほどの悪夢に出てきた部屋と酷似していることに気付く。だが、あの部屋とは微妙に違うような気もする…。歯の治療に歯科医を訪れた倉橋は、医師の日高(鳥肌実)の助手として働く千枝子と再会。千枝子の手が口元に触れ、彼女を間近に感じて陶然となる倉橋。盗難にあった千枝子のアルバムを取り戻そうと、翌日から倉橋はパトロールを開始する。だが、千枝子に惹かれ始めた倉橋が再び日高歯科医院を訪れると、彼女は既に辞めていた。同僚の話では、彼女が日高と不倫関係にあったが、それを日高の妻さゆり(小島可奈子)に知られ、辞職したとのことだった。実は、千枝子のアルバムが盗まれたのは、さゆりの仕業だった。さゆりは、千枝子に対してある疑念を抱いており、それを確かめるためにアルバムを盗んだのだ。そのアルバムがある日、倉橋の元に遺失物として届けられる。そこに収められた写真は、見知らぬ女性とさゆりのものばかりで、千枝子が写っているものは一枚もない。だが、倉橋はそれが千枝子のものであると直感。千枝子に返そうと、転居先の三浦半島の漁港へと向かう。再会する2人。憔悴した千枝子は、全てを打ち明ける。さゆりと一緒に写真に写っている女性は整形手術前の自分であること。2人は学校の同期で、その頃から日高を取り合っていたこと…。彼女への思いが恋心へと変わり、助けたいと願う倉橋。だが、その気持ちは彼の頭の中に、千枝子との情事の妄想を生み出してゆく。現実と妄想の区別がつかなくなってゆく中、倉橋の耳元で千枝子が囁く。“さゆりを殺して……”。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 アートポート
ヘッド館 銀座シネパトス
上映時間 80
公開日 2009年9月5日(土)公開
映倫 R18+
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する