閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「孫文 〜100年先を見た男〜」(2009)

画像

【DVD発売中】

67点67
辛亥革命を起こし中華民国を建国。“中国革命の父“と呼ばれた世界的な革命家・孫文の波乱に満ちた生涯を描く歴史叙事詩大作。アン・リー監督作品の『ウェディング・バンケット』や『恋人たちの食卓』で好演を披露したウィンストン・チャオが、『宋家の三姉妹』に続き孫文を演じる。20世紀初頭の激動のアジアを駆け抜けた偉人の実像に注目だ。

あらすじ

1910年。二千年に渡る皇帝の専制政治に終止符を打ち、共和制国家の樹立を目指す孫文(ウィンストン・チャオ)は、9回目の武装蜂起に失敗。国外での逃亡生活を余儀なくされていた。清朝政府によって懸賞金を懸けられた彼は、革命地盤の日本を脱出し、マラヤ(現マレーシア)のペナンへ向かう。その船上、ペナンで教師をしているというルオ・ジャオリン(チャオ・チョン)という青年と出会う。ペナンでは、裏でアヘン業を営む華僑のシュー家に身を寄せることになるが、頭領シュー・ボウホン(ワン・ジェンチョン)は“ここでの革命活動はやめるように”と告げる。華僑たちは、失敗続きの孫文の革命を信用していなかったのだ。さらに、ジャオリンとも再会。彼はボウホンの娘タンロン(アンジェリカ・リー)の恋人だったが、その正体は、孫文暗殺を任務とする清朝の密偵だった。だが、タンロンが何かと孫文に接近するため、ジャオリンは暗殺を実行できずにいた。資金調達が無理だと知った孫文はシュー家を離れ、ペナン同盟会を訪ねる。そこには、10年来彼を支える女性同志、チェン・ツイフェン(ウー・ユエ)の姿が。再会を喜ぶ孫文だったが、ツイフェンは複雑な思いを抱えていた。彼との穏やかな生活を夢見るツイフェンだったが、革命に生きる孫文に、穏やかな日々は有り得ないと悟ってもいたのだ。ある日、港で不当な扱いを受けていた中国人労働者を助けた孫文は、労働者の権利を説き、弁舌を振るう。この交渉によって、長きにわたる港での労使間の対立が解決。労働者たちから“中国のために”と、献金を受ける。再び革命への心を奮い立たせる孫文だったが、肝心の富豪華僑たちの心は動かず、資金集めは危機に瀕していた。彼の行動に心惹かれたタンロンは、富豪たちが集まるシュー家のパーティーに孫文を招待することを決意。それを知ったジャオリンはパーティーでの孫文暗殺を画策する……。 【キネマ旬報データベースより】
原題 夜明
製作年 2009年
製作国 中国
配給 角川映画
ヘッド館 シネマート新宿
上映時間 127
公開日 2009年9月5日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する