閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「卍〈まんじ〉〈2005年〉」(2005)

画像

【DVD発売中】

28点28
『恋する幼虫』の井口昇監督が、これまで何度も映画化されてきた谷崎潤一郎の同名小説を、独自の視点からリメイクした1本。荒木経惟の写真モデルとして伝説的な存在である秋桜子と、『肌の隙間』の不二子の顔合わせで、禁断の同性愛で結ばれた女たちが堕ちる愉悦を綴っていく。

あらすじ

資産家の娘・園子(秋桜子)は、老作家に自らが起こした情痴騒動の顛末を告白する。昭和46年、大阪。弁護士の夫(野村宏伸)を持ち、何不自由のない生活を送っていた園子は、絵画教室で知り合った妖艶な美人令嬢の光子(不二子)に「縁談を破談にしたいので、ふたりが同性愛者であるかのように振る舞って欲しい」と相談を持ちかけられる。光子を憎からず思っていた彼女は、冗談半分にそれを引き受けるも、やがてふたりは本当に肉体関係を持ってしまう。ところが、光子には破談になった縁談相手とは別に、結婚を約束した綿貫栄次郎という男がいたことが判明する。園子はまんまと利用されたのだ。それでも、最早、光子を愛して止まない園子は、やがて夫とも関係を持つようになった彼女を家に招き入れ、3人で奇妙な生活を始めるのだが、栄次郎の嫉妬からそれがマスコミに漏れると、彼らは心中を決意。しかし、運命の悪戯か、ふたりの謀か、園子だけが死にきれず、今も彼女は光子を想いながらおめおめ生き長らえているのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 アートポート
上映時間 80
公開日 2006年3月25日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る