閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「男対男」(1960)

47点47
横浜の増江海運で働く梶は、作業中の事故の多発を不審に思い、かつての戦友、菊森のキャバレーに探りを入れるが手掛かりはつかめない。実は菊森は神戸のボスの命令によって渋々、増江海運の乗っ取りを画策していたのだが……。谷口監督が得意にした、男の友情と対決を交えて描くアクション・ドラマ。加山雄三のデビュー作。

あらすじ

梶と菊森は北支戦で射撃の腕を争った親友だが、戦後梶は沖仲士の班長、菊森はキャバレーの社長をして同じ横浜に暮らしていた。梶の勤める増江海運では作業中の事故が続出した。不審を抱いた梶は、菊森の“ブルームーン”に探りを入れたが、目撃したのは女給のはるみと遊ぶ敏夫の姿だけだった。風太郎たちの船上ホテルに寄った梶は、札束をもつ三太が五十嵐というやくざから荷抜きを頼まれたことを聞いた。その夜待伏せる梶の目前で、五十嵐は何者かに射殺された。菊森は神戸のボス塚本から、麻薬ルート開拓のため増江海運乗っとりを命じられた。梶を恐れる菊森に業をにやした塚本は、殺し屋の鳥海や町田をつれて横浜に乗り込んだ。“ブルームーン”に通いつづける敏夫は、はるみの甘言にのって増江海運の株券を持ち出し、はるみに手渡した。気づいた長太郎はあとを追うが、鳥海の車にはねられて重傷を負った。事の次第を知った敏夫は、株券を紛失したというはるみの言葉に愕然とした。梶ははるみから力づくで株券を奮い返すが、菊森の命令を聞いて“ブルームーン”で菊森と対決した。二人のかつての友情を知る口の不自由な娘、夏江は泣いて和解を訴えた。着々と乗っ取りを進める塚本一味は、ある夜、船の積荷を襲い、荷主に信用を失わせてしまった。会社の再建に乗り出した敏夫は、危険な火薬の荷揚げを決意した。絶望して出て行こうとした夏江は、鳥海に犯され、自殺した。菊森は鳥海に決闘を申し入れた。鳥海は倒れた。その時、菊森の背に拳銃を押しつけた塚本は、増江海運が荷揚げ中の火薬をうてば裏切りを帳消しにすると脅迫した。火薬を狙うと見せかけた一瞬、菊森は町田を殴り倒すと塚本に発砲した。弾丸は用心棒に当たり、菊森に銃弾が集中した。駈け寄る梶を狙った銃弾を自分の背に受けて菊森は倒れた。梶は菊森をかばうようにして撃ちまくった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 90
チケット 前売りチケットを購入する