閉じるボタン

「喜劇 深夜族」(1969)

0点--
伴淳三郎主演の爆笑コメディ。重盛幸子は昼は店員、夜は内緒でコールガールをしている。彼女の父親・平三もまた守衛のふりをしているが実はポン引きの名人。そんな平三に久一が弟子入りし、騒動がもち上がる……。

あらすじ

重盛幸子は、昼は店員、夜は父親平三に内緒でコールガールをやっていた。平三もまた娘に守衛と偽り、ポン引き業に精を出していた。彼は正統派ポン引きを自認し、街頭恋愛仲介を世のためと誇っている。久一は、平三の名人芸に魅せられ弟子入りをした。だが、最初の仕事は大失敗。ヤクザの吉岡組から美智子を引抜き、失神作家菊地に、紹介したまではよかったが、菊地が警察へ連行されたことから、久一もいもづる式にあげられてしまった。その時、久一は幸子を知った。彼女は初めて警察に捕ったものの平然としていたからだった。だが、幸子は詰問されるうち、平三の写真を見せられ、はじめて父の職業を知った。それから間もなく、平三は幸子に出張と偽り、久一の身代わりとなって刑務所に拘留された。久一は、師匠の思いやりに大感激、新しい玉を確保して平三の出所を待った。だがその田舎娘は、家出した父を探しに上京したという。同情した平三も人の親、彼女を郷里に帰した。やがて、平三に幸子の行為のすべてか露見した。それは久一が師匠の娘とも知らず、田舎娘の代役に幸子を使ったからだった。しかも、二人は結婚するという。平三はあきれ顔でそれを許すと、夜の街へ新しい幸せを売りに消えていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
上映時間 87
チケット 前売りチケットを購入する