閉じるボタン

「大学は出たけれど」(1929)

78点78
昭和初期の不況を背景に、コメディ・タッチで描く快作。大学を卒業しながらも、いまだに定職に就けないでいる徹夫は今日も紹介状片手に会社を訪問するが、結局ダメ。友人と痛飲して帰宅すると、下宿には“就職した“とニセの電報を受け取った母親と婚約者が訪ねて来ていた。あわてる徹夫だが……。なお、現存するのは一部分のみ。ビデオは松田春翠の活弁つき。

あらすじ

城北大学ボート部の高田昭平、小島三太郎、村瀬大吉に卒業の日が近付いた。銀行頭取を父に持つお蔭で、昭平は設計技師として高倉建設に就職出来たがトッチャン坊やと蔭口され、彼が秘かに思慕する女技師、沢田時子はじめ同僚達の態度は冷たかった。三太郎は卒業試験のカンニングがばれて落第となるし、九州男児大吉は、大学は出たものの職は無く、下宿は立退を迫られる有様。だが、やがて昭平の父の銀行に勤めることが出来、下宿先も同じ銀行に勤めるみどりの家に落着いた。大吉とみどりは互に心惹かれるようになるが、大吉を度々訪れる昭平も亦可憐なみどりに愛情を感じた。或日銀行で起った盗難事件から大吉は思わぬ失策をし、馘を宣告されるが、みどりの純情に打たれた昭平の奔走で事無きを得た。大吉の気持を知らぬ昭平は、みどりへの愛情を大吉に打明け応援を頼む。恩義と友情と、愛情の板ばさみに堪えられず一人九州へ帰った大吉を見て、昭平は初めて二人の気持を知り後を追った。丁度その頃昭平の会社では、時子の管理していた工事が失敗し、破産一歩手前である。この失敗も実は大川課長の私腹を肥やす為の陰謀故と知った昭平は、それを暴いて社の危急を救った。父をくどいて五百万円の融資を約束させることにも成功した昭平は、大吉、みどりに励まされ、今度は自信を持って時子のアパートへ急いだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1929年
製作国 日本
配給 松竹蒲田
チケット 前売りチケットを購入する