閉じるボタン

「誘惑〈1957年〉」(1957)

【DVD発売中】

90点90

あらすじ

大正気質の杉本省吉は銀座の洋品店主で、ドライ娘の一人っ子秀子とやもめ暮し。省吉は店の二階を画廊に改造しようと考え前衛生花にこっている秀子は、これを自分たちのグループの発表会に利用しようとたくらんだ。洋品店には無愛想で化粧嫌いな、省吉に想いをよせる竹山順子がいた。秀子のグループの発表会資金の調達のため、ハンサムで画才より商才のある杉山小平、貧乏画伯田所草平らのグループと提携した。喧嘩をしながらも秀子と小平はしだいに接近し、一方順子も他人の迷感も平気な一名“暴力画伯”の草平にその美貌を指摘されるや、一転してお化粧に専念し、愛想がよくなりやがて草平を恋するようになった。省吉は画廊完成のパーティを開き、秀子のために戸越、安井の両青年を紹介したが、全然気にもしない。パーティの日に草平の絵が、西郷赤児らの一流画伯の目にとまり、一躍有名となり発表会は連日盛況をきわめた。こんな出来事も知らずに、草平は画廊から姿を消し、順子のところへ金を借りに来る始末。秀子は小平の妹章子の許に草平の絵が四、五点埋れているというので、それを持って章子と画廊に来た。省吉はその章子が初恋の人に瓜二つであり、そしてその絵の中に章子の母親の肖像画があり、それがなんと初恋の人その人であった。やがて小平はその商才を認められ、画廊を経営するようになった。順子と草平の結婚式の夜、祝酒に深酔した章子は省吉をたずねた。省吉には何時しかその寝顔が初恋の人三谷栄子となって、三十年前に果せなかった接吻をするのだった。章子の目には涙が浮んできたが、それは母と省吉の秘密を知っている章子の歓びの涙であった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 91
チケット 前売りチケットを購入する