閉じるボタン

「地図のない町」(1960)

55点55

あらすじ

戸崎慎介が、東京に近い中都市のスラム東雲町に下宿したのには三つの理由があった。一つは医者として急患の病人を救えなかった責任感。一つは妹佐紀子が許婚者梶原と結婚する前、梓組の与太者に暴行され破談になり自殺未遂になったこと。もう一つは幼なじみの加代子がおちぶれてここで売春婦をしてい、昔の愛を取戻すためだった。慎介は善良で正直な老医師笠間の診療所で懸命に働いた。梓組の実体は近郊一帯を牛耳る暴力団で佐紀子の事件も警察は尻込み、梶原も仕返しを恐れ証言を否定し解決しなかった。梓組組長梓米吉は東雲町が市有地であるのに目をつけ、ここに市営アパートを建てひともうけしようとたくらんだ。暴力に泣く住民は笠間に窮状を訴えた。笠間は梓に談判した。ところが彼の借金が梓に肩替りし、抵当に診療所や土地が入っていた。住民たちは彼のために貧しい金を出しあった。返済期日が迫ったある日、笠間は梓組一味に襲われ重傷を負った。その頃、梓は加代子の父養七の借金のカタに、彼女を無理に妾にした。慎介は梓を殺す決心をした。梓は加代子の妾宅に通って来ると、加代子が銭湯に出かけ一時間位彼一人になった。そこを狙ってメスを持った慎介は部屋に忍びこんだ。が、そこで見たのは手術用のメスで刺殺された梓の屍体だった。あわてて一度逃げた慎介はメスにさわったことを思い出し室に戻った。メスが消えていた。一方、銭湯の帰途、加代子は手を血だらけにした養七にあった。彼も梓を殺すつもりで部屋に行ったらすでに殺されていた。二人は慎介と直感した。が、慎介も否定する。犯人は誰か。梓を殺したのは笠間だった。そして自殺した。慎介は加代子と共に、佐紀子を励まし笠間医師のあとを継いで、貧しい人々のために働く決意を新たにした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
上映時間 96
チケット 前売りチケットを購入する