閉じるボタン

「お嬢吉三」(1959)

【DVD発売中】

0点--
自分たちを牢にぶちこんだ悪旗本、原田にお礼参りを済ませたお嬢、お坊、和尚の三人吉三は、旅に出た。そこで借金のカタに売られた幼なじみのお美和と出会うお嬢。彼は、お美和を救い出そうとするが、彼女は原田のもとに妾奉公に出ることになり、3人は再び江戸に舞い戻る……。市川雷蔵主演の娯楽時代劇。

あらすじ

江戸御牢を赦免になったお嬢、和尚、お坊の三人吉三は、その足で悪旗本原田庫之助と悪貸元伝法院の仁兵衛にお礼参りをした。この二人こそ三人吉三を牢にぶちこんだ張本人だったのである。江戸を売って東海道を旅に出た三人を追って、料理屋の娘お民と女義太夫のお加代が続いた。小田原宿で草鞋を脱いだ三人は、伝法院の追手にねらわれたが、危い所をお民に救われた。箱根宮の下で湯につかっていると、三人は江戸で馴染みの女衒の辰と出会った。辰は一晩三両の生娘を世話したが、男三人に娘一人。くじ引きすると幸運はお嬢に当った。辰に導かれて小屋に入ると、娘は抵抗してお嬢は困惑するばかりであった。突然若い男が飛び込んで来て娘は「倉松さん」と呼んで抱き合った。娘は借金のカタに辰にとられた身で、倉松は金貸し鬼伝から身にしむ折檻をうけた。後味の悪い三人はいたずらを企んだ。お嬢が女装して鬼伝のところに娘の証文をとりに行った。うっかり証文を渡した鬼伝は、毛ずねを出したお嬢の姿に驚いたがあとのまつり。証文によると、娘はお嬢の幼馴染みお美和だった。あわてたお嬢は、辰を追った。ひとあし早く江戸入りした辰は、こともあろうに、お美和を仁兵衛に売った。お嬢らにお礼参りされて以来、悪旗本の覚えもめでたからずくさっていた仁兵衛は、ハタと膝を打って喜んだ。遅れて江戸入りしたお嬢は、お加代から、お美和が悪旗本原田のもとに妾奉公に出されることを聞いた。仁兵衛もお嬢の出現にしまりを堅くしたが、裏をかいたお嬢は忍び込んだ。お美和を救い出したが、仁兵衛一味に市中の木戸を閉ざされてしまった。お嬢はお美和の衣裳をまとうと、火事の半鐘をたたいた。木戸は開き、どさくさの中をお美和は逃れた。お藤は仁兵衛一味に囲まれたが、かけつけたお坊、和尚三人吉三の大暴れに、原田一味も仁兵衛一家も倒れた。三人は再び江戸をあとに旅立った。嬉しげな倉松、お美和の後から、お嬢を追ってお民、お加代があとになったり、さきになったりした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 81
チケット 前売りチケットを購入する