閉じるボタン

「浮気のすすめ 女の裏窓」(1960)

0点--

あらすじ

平和住宅新報社の守衛大宮兼吉は、社長に挑まれている事務員の啓子を救ったことから、クビになった。兼吉は、藤堂初子という結婚相談所長と知り合い、彼女の秘書となった。だがこの相談所は、いってみればポン引き的機関だった。兼吉はポン引きトン公の紹介で、旧赤線街で助産婦をやっている人妻時江を知った。病気の夫と子供をかかえた時江には、さすがに兼吉も手が出なかった。啓子は今は喫茶店に勤めていた。しばしば兼吉の家へやってきた。兼吉の息子浩吉といい仲である菊江は、浩吉と啓子の間を勝手に嫉妬し、浩吉を婦女暴行の罪で警察に訴えた。そして、兼吉に一万円を要求した。だが、トン公が実は菊江のヒモと分ってケリがついた。浩吉は釈放されたが、トン公の話では菊江は心から浩吉に惚れていたという。浩吉は工場をクビになり、警察で知り合ったグレン隊の源太郎と仲よくなった。ある日エロ映画を見せられたところ、出ている男がオヤジの兼吉なのに驚いた。帰った浩吉は、折から訪れた啓子を見てヤケバチな気持から彼女に挑んだ。その時帰宅した兼吉、怒って浩吉を殴った。エロ映画の一件は、源太郎の仕組んだいたずらで、兼吉は何も知らずにやったことだった。数日後、兼吉は藤堂女史に連れそって女史の自由恋愛講演のため京都へ発った。そして急病の女史にかわって花街の芸妓たちの前で講演をやらされてしまった。ほうほうの態でその場を逃げ出し、旅館に帰ったが、彼を待っていたのは以前相談所を訪れた中年の紳士、実は警視庁の吉村刑事だった−−。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
上映時間 88
チケット 前売りチケットを購入する