閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「東京 丸の内」(1962)

60点60

あらすじ

第一機械の総務課に勤める高宮曜子は、九の内の舗道で登山服姿の青年に紙包みを押しつけられた。彼は同じ会社の製品企画部員加部一喜と名を告げ、人混みに消えた。同僚弘子の話によれば加部は登山とスキーが好きな山男で、紙包みのワラ靴は好意の山土産らしい。しかし曜子には葉山信夫という恋人があり、信夫の父は東京商事の社長として第一機械の出資者でもあったから曜子はB・G仲間の羨望の的だ。しかし、身分が不釣合いという理由で、信夫の母は二人の結婚を拒絶した。曜子から事情を聞いた加部は、信夫とは大学時代のクラスメートだったので、昼休みのゴルフ場で信夫の真意をただすが、信夫は同伴の第一機械の星山専務の娘睦子と競技に夢中で、誠意を見せようとしない。加部は怒って信夫を殴りつけた。その後、恒例の定期人事異動で加部の北海道転勤が発表された。星山専務の意趣が動いていると、社内では評判だった。曜子は何もいわぬ加部の態度の中に、彼女への思いやりを感じてうれしかった。加部に転勤取消しの電報が届いた。武山財閥の御曹司大造の妹明子の裏面工作が功を奏したのである。大造と加部は山登りの親友で、明子は加部に好意を寄せていた。ある日、大造、明子、加部、曜子の四人は山の旅に出た。武山の別荘で、明子が加部を愛していると宣言したとき、曜子も挑戦をはね返すだけの心の余裕ができていた。東京では、社長の椅子を狙う星山専務が東京商事の葉山社長と結んで、武山財閥から融資を仰ごうと暗躍を始めた。それには睦子と信夫を結婚させなければならぬ。また、明子は加部と曜子の仲を裂こうと図って事件はもつれるが、明子の求愛を斥けた加部は夜のビルの谷間で曜子を抱きしめた。一方、星山は葉山社長から信夫と睦子の縁談を断られ、更に武山からは株主として自ら経営に参加する意向を伝えられ、自分で自分の首をしめた形になった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1962年
製作国 日本
上映時間 78
チケット 前売りチケットを購入する