閉じるボタン

「女の一生〈1953年〉」(1953)

60点60
モーパッサンの同名小説を新藤兼人が翻案・監督。京都の寺に生まれた藤子は、牛肉屋山崎亭の真太郎に嫁ぐが、夫に裏切られ、藤子の不幸な一生が始まった。原作の舞台ノルマンディーを京都に置き換え、太平洋戦争を織り込むなど、新藤の脚色は巧みであったが、物語の暗さのせいか観客には受け入れられなかった。

あらすじ

昭和のはじめ。京都千住院の娘白川藤子は女学校を出ると牛肉屋山崎亭の真太郎と願いかなって結婚した。山崎亭の親父徳平は菊勇と春江という二人の妾をもっていた。結婚したばかりの藤子には義父母のそうした夫婦生活が納得ゆかなかった。が、間もなく夫の真太郎が女中のゆきと土蔵の中で関係したのを知らねばならなかった。藤子は既に妊娠していた。怒りと絶望で泣く藤子に弱気な真太郎はただあやまるばかりであった。この日から藤子の不幸な一生は始った。尊敬する兄政夫は社会運動で特高に引っぱられ、ゆきは大きなお腹をしたまま実家へ帰された。そして藤子は本当に産みたくない気持で真太郎の子供を産み落し、ゆきの子供も引き取って一緒に育てる決心をした。すっかり牛肉屋の若奥様になった藤子は家の切り盛りや子供の養育に夢中になっている中に、再び真太郎の放蕩は始り、祇園祭の日真太郎と情婦が重なって倒れている現場に駈けつける憂目に合わねばならなかった。それからの藤子はただ子供の成長だけを生甲斐に生き抜いた。昭和十七年夏、学徒動員。間もなく二人の子供太郎と次郎は戦場へ出発した。悪夢のような戦争は終え、山崎亭はゆきの手助けで再び開店したが、次郎は遂に帰って来なかった。しかも復員した太郎はあの同じ土蔵の中で女中を手篭にし、家出した。転落して東京でパンパンになった女中の子供を藤子は静かな諦めで引き取った。「世の中は苦労のくり返しどす」と言うゆきの傍で、藤子は子供をあやしながら、ある日は夫と、ある日は子供と歌った歌を静かに口ずさんだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1953年
製作国 日本
上映時間 136
チケット 前売りチケットを購入する