閉じるボタン

「間宮兄弟」(2006)

画像

【DVD発売中】

69点69
森田芳光監督がデビュー作『の・ようなもの』のテイストに立ち返ったような映像文体で紡ぎ出す、江國香織小説の映画化作品。独身ふたり暮らしの仲良し兄弟が、3人の女性とともに繰り広げるエピソードの数々から“日常の幸せ“を描き出す。

あらすじ

東京、下町のとあるマンションで間宮兄弟は一緒に暮らしている。兄・間宮明信(佐々木蔵之介)は、ビール会社の商品開発研究員。弟・間宮徹信(塚地武雅)は、小学校の校務員だ。彼らは自分たちの世界で、楽しく穏やかに何不自由なく暮らしている。ある日、徹信が兄に「カレーパーティーをやろうか」と持ちかける。招待客は、徹信と同じ小学校で働く葛原依子先生(常盤貴子)。二人目は、行きつけのビデオショップでアルバイトをしている大学生の本間直美(沢尻エリカ)だ。カレーパーティー当日。カレーは3種類のチョイスカレー(チキン、ビーフ、シーフード)、テーブルの上には花、食後のボードゲーム、準備は完璧だった。カレーは大好評、モノポリーは大興奮、パーティーは大成功に終わり、“今日の反省会”は、史上最高に盛り上がった。夏休み、間宮兄弟は、母と祖母の暮らす故郷・静岡に帰省する。駅には母の順子(中島みゆき)が中古で買ったロールスロイスでお出迎え。田舎に帰れば兄弟は今も子供のまま。おこづかいをもらい、ここでもやっぱり昼寝をし、海水浴を楽しんだ。仕事帰りに時々、明信はビール会社の先輩である大垣と安西とバーに立ち寄る。この日は、大垣からある相談を受けていた。大垣は妻、さおりに離婚を切り出して以来、家に入れてもらえないという。そして離婚の原因は安西との不倫にあるのだった。数日後、大垣家のリビングで向かい合う大垣と明信、そしてさおり。離婚の話は平行線に終わった。同じ夜、徹信はバーでぼったくりに遭っていた。ある日、直美は明信から告白されるが、丁重にそれを断り、就職も決まったので、アルバイトを辞めると告げる。落ち込む明信を徹信は慰め、これからもずっと一緒に暮らそうと宣言する。その頃、直美は妹の夕美に、いつまでも姉妹で一緒に遊んでいていいのだろうかと言うと、夕美は「間宮兄弟を見てみなよ。あの年でもずっと一緒だよ」と答えるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 アスミック・エース=「間宮兄弟」製作委員会
上映時間 119
公開日 2006年5月13日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する