閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「われ幻の魚を見たり」(1950)

50点50
古来、1匹の魚もいなかった十和田湖でヒメマスの養殖を成功させた和井内貞行をモデルとする一代記。教科書で和井内氏を知った伊藤大輔は伝記映画化に着手したが、共同脚本を依頼した麻止俊夫が独自のシナリオを発表したため企画は頓挫。10余年後、伊藤が史実から離れて物語を創作、本作が実現した。

あらすじ

 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1950年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 106
チケット 前売りチケットを購入する