閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「大虐殺」(1960)

0点--
関東大震災の混乱の中で起きた“甘粕事件“及び、社会主義者や朝鮮人たちを虐殺した“亀戸事件“に憤慨した大杉栄の舎弟たちが、テロリストとなって軍部に復讐しようとする姿が描かれる。アナクロ戦争大作からピンク映画まで手掛けた小森白監督の代表作。

あらすじ

大正十二年九月一日、未曽有の大地震が関東地方を襲い、多くの被災者を出した。かねて社会主義の一掃を企てていた軍部は、この機を活用して目的を達成しようと図った。社会主義者、朝鮮人数百名を検束し殺害、遂には左翼の巨頭大杉栄が甘粕大尉によって殺された。−−先輩の和久田に紹介され、大杉の同志になることを許された古川は、これを知ると、新聞誌者・高松、その妹で恋人の京子の言も入れず、軍部打倒のために立ち上った。銀行を襲って資金を調達した。戒厳司令官の福田大将を暗殺することに決まった。爆弾は同志の青地がダイナマイトを加工して作ることになった。計画が実行されることになったが、陸軍省の会議が予定より一時間遅れたため、この計画は未遂に終った。やがて大震災一周年が来た。福田大将の記念講演会が行われることになり、一味は今度こそと策を練った。しかし、また失敗に終った。次の機会−−陸軍巨頭会議が陸軍省で開催されることになったのだ。彼らは準備にとりかかった。しかし、古川が事件を起し、死刑台に登ることを恐れた京子の密告によって古川のアジトが警視庁の手入れを受けた。そして、警備員に捕えられた。護送車に押しこまれながら古川は絶叫した。“亀戸、荒川の虐殺事件はなぜ処罰を受けないのだ!なぜ皆この不合理に怒らないのだ!俺たちが死刑になっても後に続く者は必ず出る!軍閥が亡びる日は必ず来る!”と。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 94
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト