閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「サラリーマン目白三平 亭主のためいきの巻」(1960)

0点--

あらすじ

目白三平は国鉄勤続二十五年平凡なサラリーマンだ。二人の育ち盛りの子供をかかえ、文子夫人は苦しい家計のやりくりに、ついグチも出る。長い結婚生活の疲れが二人に訪れてきたのだ。そんなある日、三平の郷里信州から、遠い姪にあたる柏木みさ子が彼を頼って上京してきた。旅館で病気になり一文もない彼女に三平は小遣い三千円をはたき、その上どうしても帰郷しないというので行きつけの喫茶店青い鳥の住込店員に使ってもらうことにした。若くて美しい姪の出現、三平は心うきうき帰宅したが、使い果たした小遣いの手前もあって文子夫人にはこのことを言いそびれた。三平は酒が飲めないので大の宴会ぎらいだが、臨時出費の穴埋めに課長から借金したため交換条件に定例の懇親会に出るハメとなった。泥酔した課長を送り届けて帰宅したのは午前二時。文子夫人のおかんむりにむしゃくしゃした三平は明日が母の日と聞いて余計くさった。嫌気がさした三平は翌日、夫人にさからって、みさ子を誘い東京見物に出かけた。怒った文子夫人も子供たちを留守番に映画見物。迷惑なのは子供たちで高校生の春木は公然と両親を批判、小学生の冬木は淋しそうだ。険悪な空気の中で目白夫妻の仲は気まずくなるばかり。三平にはみさ子の笑い顔がちらつく。そんな目白家に冬木の担任の先生が訪れ、採りたての南京豆と一通の御礼の手紙を差出した。それは、前に冬木が小遣いをさいて養老院の人たちへお菓子を届けた御礼で、目白夫妻は冬木のやさしい心根と、知らぬまに成長していく子供の姿に自分を顧みるのであった。夫婦は家庭の幸福を味わった。翌日、みさ子の父が上京、彼女は父の説得で帰ることになった。三平は三千円を返してもらい、それを文子夫人に渡した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
上映時間 79
チケット 前売りチケットを購入する